イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
みやぎけん けせんぬまし
宮城県 気仙沼市

【TVで紹介】最高級3特 国産 味付 いくら 宝壽 醤油漬 1kg [かわむら家 宮城県 気仙沼市 20564369] イクラ 海鮮 魚介類 醤油 ふるさと納税 ふるさとのうぜい ふるさと-[20564369]

寄附金額
40,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
40,000
数量

返礼品の特徴

●最高級3特!国産味付いくら「宝壽(ほうじゅ)」
国産いくらにも等級があり、3特・2特・特・無印とあり、『3特』が一番良いものとされています。
色・つや・粒の大きさ・皮のやわらかさなど卵の成熟度によって等級が決められます。

●4年越しの帰郷!「宝壽」誕生物語
「宝壽」に使用される鮭は、国内の川で生まれ、北の海で成長して4年後には生まれた川に戻ってきます。
10月頃に産卵のために戻ってくる鮭の卵は、皮が柔らかくなめらか、噛むと口の中でさら〜っととろける食感!
「宝壽」は、この時期の鮭の中でも特に品質の良い秋鮭を厳選!
「宝壽」の名に負けないほどの琥珀色の輝き・つや・粒の大きさは、まさに海の宝石のよう。

●「加和喜」のいくらが選ばれる3つの理由
1.『味』へのこだわり
いくらの味の決め手となるタレ。
加和喜のいくらはタレもこだわり抜いています。

加和喜の特製タレの製造方法は社内でも秘密中の秘密。
その製造方法を知っている社員は限られています。

一粒一粒丁寧にほぐし、卵の旨みとコクを最大限引き出す門外不出の秘伝の醤油タレに漬け込み風味豊かでまろやかな味に仕上げています。
塩分が控えめで、やさしい味付けのため、小さなお子様や女性の方からも好まれます。

いくらの味はどれも同じではありません。
ぜひ、加和喜がこだわり抜いた味付いくらをお召し上がりください。

2.『食感』へのこだわり
皮が薄く、一粒一粒から旨味が溢れ出します。
口の中でぷちっととろけて広がる美味しさをぜひご堪能ください。

3.『鮮度』へのこだわり
熟練の目利きによって仕入れられた秋鮭は、水揚げされてすぐ自社工場へ運ばれます。
「HACCP認定」「FSSC22000認証」のため衛生管理・品質管理は万全です。

酸化・品質の劣化を防ぐ特殊な包装フィルムを使用し、「鮮度・美味しさ」をそのままにお届けします。

●気仙沼から全国へ”確かな品質”お届けしています!
東北一のいくらメーカー「加和喜フーズ」は、大手コンビニから高級寿司店まで多方面に卸しています。
さらに、大手テレビショッピングでも大人気。
「確かな品質を届けたい」という想いで30年以上いくらに向き合ってきました。
気仙沼市ふるさと納税でも加和喜のいくらを手にとっていただければ幸いです。

●加和喜フーズを有する「かわむらグループ」とは?
加和喜フーズは、1905年(明治38年)創業の「株式会社かわむら」のグループ企業です。
かわむらグループは、三陸の海を知り、確かな目利きで、こだわりの三陸産素材を届け続けてきました。

かわむらグループは、2011年3月11日の東日本大震災ではそれまで築き上げてきたものが津波により一瞬で流されてしまいました。
連絡手段も満足にない中で社員や家族の安否確認に明け暮れながら、何もかも終わってしまったと思うこともありました。

ところが約270名の社員から1人も死者は出ませんでした。 津波を想定し日ごろから備え訓練をおこなっていた成果でした。
作業中のイクラを全て放棄して、大至急帰宅。
他の会社の中には、作業をかけさせ続けていた結果、後で工場を開けたら何人も死者が出ていたというところもありました。
社員は全員無事でしたが、物理的な被害は甚大でした。
グループ内26施設のうち22施設が被災したのです。

復興は瓦礫の片付けから始まりました。
雨の日も風の日も瓦礫の撤去でした。
瓦礫には冷蔵庫や加工場から流れ出た何千トンもの魚が腐ったまま混ざっています。
行方不明になった家族の安否を尋ねながら会社の復興に向けて動きだした時期が一番苦しかったと思います。

再建のために事業者を選定し、半年間で40憶円近くかかって施設は稼働を開始しました。
莫大な借金は残っていますが、被災から半年で事業を再開できたのでなんとか販路は繋がりました。
その間、三陸ブランドを愛してくださる全国の皆様からたくさんの励ましをいただきました。

心から感謝しております。

かわむらグループは故郷の町、気仙沼で育った企業です。
発展するのも滅びるのも気仙沼と一緒です。これまでも、そしてこれからも気仙沼に残り続け地域の発展に努めていく所存です。

ふるさと納税は、全国の皆様から寄付の形で応援頂いたことに対し、自治体から心からのお礼の品をお返しするものです。
あの震災から10年が過ぎましたが、気仙沼の復興、そして復興の先のまちづくりの課題は続いております。
かわむらグループは、震災から10年たった今も気仙沼を気にかけてくださる皆様に、最上級の海の幸をお届けし、気仙沼の海の幸を美味しく召し上がっていただきたいと考えております。

ふるさと納税では当社が味、量ともに最高だと自信を持つ商品を提供しております。
ぜひお召し上がりの際には、遠くからでも気仙沼を感じていただけますと幸いです。

返礼品の詳細

配送
冷凍
配送注記
決済確認から2ヶ月以内に出荷
※申込が集中した場合は、プラス1〜2ヶ月お待たせすることがございます。
内容量
■内容量
計1kg(500g(約250g×2)を2セット)

■原材料
鮭の卵(国産)、醤油、発酵調味料、砂糖、食塩、かつお節エキス/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・いくら・大豆を含む)

■賞味期限
発送より2ヶ月以上

■アレルギー表示(特定原材料)
小麦、いくら、大豆

■地場産品基準
気仙沼市内において返礼品等の製造、加工その他の工程の全ての部分を行うことにより相応の付加価値が生じているものであるため。(告示第5条第3号に該当)

寄附に関する注意事項

★ご寄附お申し込みについて

・ふるさと納税は寄附のため、いかなる場合もお申込み後のキャンセルはお引き受けできません。

・お申込みの際は、注文者様情報(住民票住所)及び返礼品送付先情報に間違いがないかご確認をお願いいたします。

・お使いのメールの受信設定により、自治体からのメールが届かない場合がございます。
「@do-furusato.com」「@yuidesign.jp」からのメールが受信できるよう設定をお願いいたします。

・クレジットカードをご利用の場合は、名義が寄附者様の氏名と一致するかご確認ください。


★書類について

・寄附金受領証明書(ワンストップ特例申請をご希望の方は申請書類を含む)は、返礼品とは別で郵送いたします。


★返礼品について

・お受け取り日指定はできません。

・長期ご不在でお受取不可の期間がございましたら、必ず備考欄に「不在:○○」とご記入ください。

・返礼品送付先ご住所の誤り等のお申込内容不備や、受取人様のご都合により返礼品がお届けできない場合、再送はいたしません。また寄附金の返金もいたしかねます。

・手配状況次第では返礼品送付先ご住所の変更ができない場合があります。また転送する場合は転送料金(受取人着払い)が発生しますので、ご了承ください。

・「のし」可の返礼品を除き、のしの対応はいたしかねます。

・配送業者の指定はいたしかねます。また返礼品によって異なります。

・事前に出荷日のご案内は行っておりません。また、ご要望をいただいても対応いたしかねます。

・返礼品をお届けする際の配送伝票について、ご依頼主にはご寄附者様のお名前が入ります。変更はいたしかねますのでご了承ください。

・お受取人様の郵便受けにお届けする返礼品(メール便)につきましては、依頼主様のお名前は配送伝票に印字されません。なお、ふるさと納税の記載が入りますのでご了承ください。

・複数の返礼品を選択頂いた場合、個別発送になることもございます。

・返礼品に不具合がある場合、お受け取り後、早急にご連絡ください。経過しすぎると対応できません。

・カラーやサイズ、種類などを選択する返礼品について、ご希望がある場合は必ず備考欄に記入いただきますようお願いいたします。

・返礼品の送付は、気仙沼市外にお住まいの方に限らせていただきます。

・お寄せいただいた個人情報は、寄附金の受付、入金及び返礼品発送に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。

気仙沼市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

気仙沼市 ふるさと納税サポートセンター:業務委託先 結デザイン有限会社
〒988-8501 宮城県気仙沼市八日町1丁目1番1号
9:00~17:00(土曜日・日曜日・祝日・夏季休業・年末年始 を除く)
TEL:050-3163-8255

メールでのお問合せ
kesennuma@yuidesign.jp

この自治体について

宮城県気仙沼市

みやぎけん けせんぬまし宮城県 気仙沼市

気仙沼市は宮城県北東部の太平洋岸に位置し、四季を通して静穏な気仙沼港は各地へ赴く漁船の一大基地となっており、魚市場には三陸沖や世界の海で漁獲された魚介類が並びます。
気仙沼の代名詞ともいえるフカヒレや水揚げ日本一を誇る生鮮カツオなどの海産物のほか、地元特産の農産物やB級グルメとして
人気の気仙沼ホルモンなどがあり、美食の街としての一面も持っています。
東日本大震災では大きな被害を受けましたが、温かい御支援により一歩ずつ復興の道を歩んでいます。「世界と繋がる港町」を目指して進む気仙沼市を応援してください。