イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
やまがたけん もがみまち
山形県 最上町

最上小国川 遊漁券(年券)【令和6年4月1日~令和7年3月31日】鮎釣り 全魚種-[OR75001]

寄附金額
30,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
30,000
数量

返礼品の特徴

清流「最上小国川」は、山形県最上町と舟形町をまたがり流れる一級河川です。
最上町は上流域に位置し、周囲の山々から流れ入るミネラル豊富な水は、地域の田畑を潤す大切な水資源となっています。
また、清らかな流れを求めた天然鮎の遡上も多く、全国でも有数の鮎釣り漁場として知られ、毎年多くの釣り人が訪れます。


【寄付お申込みから遊漁券送付までの流れ】
①ご入金確認後、遊漁券発行に必要な申込用紙を受領証明書と一緒に送付いたします。必要事項をご記入の上、顔写真(縦3cm横2.5cm)を同封し返信用封筒にて返送してください
②返信用封筒にて申込書及び顔写真が届き次第、遊漁券の作成に入ります。不備等なければ、到着後5営業日以内に遊漁券を発送いたします。

【魚種別解禁期間】
アユ:7月1日~10月31日
コイ:7月1日~翌年5月9日
サクラマス:3月1日~8月31日
ヤマメ、イワナ:4月1日~9月30日
モクズガニ:9月1日~12月31日
※遊漁区域や禁漁区域及び期間は小国川漁業協同組合ホームページ等で確認してください。

【注意事項】発行元:小国川漁業協同組合
1.漁具・漁法:釣り
2.遊漁区域:本組合免許区域
3.有効期限:令和6年4月1日~令和7年3月31日
4.本証を持たないと遊漁を為すことができません。本組合監視員の要求があれば、必ず見せてください。
5.鮎のがらがけ、まきえさ釣りは本組合では遊漁できません。
6.紛失した場合は再発行いたしません。
7.写真貼付されていないものは無効といたします。
8.以上のほか、本組合の遊漁規則を厳守しなければならない。

返礼品の詳細

配送
常温
内容量
最上小国川全魚種 遊漁券(年券)1枚
有効期限:令和6年4月1日~令和7年3月31日
魚種別解禁期間:説明文をご確認ください。
返礼品注記
申込期限及び入金期限:令和6年8月31日

寄附に関する注意事項

【返礼品に関するお問い合わせ先】
委託事業者名 株式会社まちプランニングもがみ
住所 〒999-6101 山形県最上郡最上町大字向町581
電話番号 0233-25-8371
受付時間 【平日】9:00-17:00
メールアドレス furusato-mogami@sepia.plala.or.jp
ホームページ  https://town.mogami.lg.jp/

【寄附金受領証明書について】
入金確認後の翌日から順次郵送しております。
「寄附金受領証明書」は控除の適用を受けるために必要な書類です。
ワンストップ特例申請の有無に関わらず処分や紛失等しないよう大切に保管をお願いします。


【ワンストップ特例制度のお問い合わせ先】
委託事業者名 株式会社まちプランニングもがみ
住所 〒999-6101 山形県最上郡最上町大字向町581
電話番号   0233-25-8371
メールアドレス furusato-mogami@sepia.plala.or.jp

【ワンストップ特例申請書類の送付先】
担当課 最上町役場 総務企画課まちづくり推進室
住所 〒999-6101 山形県最上郡最上町大字向町644番地
電話番号 0233-43-2261
メールアドレス furusatonozei@town.mogami.lg.jp

【年末年始の休業日】12月29日~令和6年1月3日
(休業期間中にいただいたお電話・メールでのお問い合わせは、1月4日以降に対応させていただきます)






最上町 ふるさと納税についてのお問い合わせ

最上町 
〒999-6101 山形県最上郡最上町向町644
平日9:00~17:00
TEL:0233-43-2261

メールでのお問合せ
furusatonozei@town.mogami.lg.jp

この自治体について

山形県最上町

やまがたけん もがみまち山形県 最上町

最上町(もがみまち)は山形県の北東部に位置し、秋田県、宮城県に隣接する農林業と観光の町です。基幹産業は稲作を中心とした農業で、畜産や園芸を組み合わせた複合経営が進められています。また豊富な森林資源を活用した木質バイオマス事業が雇用の創出や産業の振興にもつながっており、平成27年度には国の「バイオマス産業都市」の認定を受け、今後さらなる発展が期待されています。加えて温泉や農林業体験などを利用した観光にも力を入れており、県内外から多くの観光客が訪れています。
年々進行する人口の減少と少子高齢化、各分野の担い手不足に直面しながらも、自分達のふるさとをより住みよい町にするために皆で知恵を出し合い、何度も挑戦する。嬉しさも悔しさも分かち合う。最上町はそんなmogami-bitoがたくさん暮らす町です。