イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
宮城県角田市

宮城県角田市

みやぎけんかくだし

宮城県の南部に位置する角田市(かくだし)は、平安時代に建築された重要文化財の高蔵寺阿弥陀堂と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の研究開発拠点があり、悠久の歴史と最新技術のコントラストが魅力のまちです。

角田市は、古くから阿武隈川の恵みのもとに米、野菜、果樹、畜産等の農業が盛んな地でした。現在では産直販売の拠点として「道の駅かくだ」を展開しています。
「米」「豆」「梅」「夢」「姫」の5つの“め”をキャッチフレーズにブランド化を進めています。

メイン写真
担当者

自治体担当者コメント

角田市(かくだし)は宮城県南部に位置する、山に囲まれた穏やかな気候のまちです。市内を南から北にかけて流れる、阿武隈川の恵みのもとに、和牛やお米、果物、梅など魅力的な返礼品を数多く取り揃えております。
皆様の温かいご支援をお待ちしております。

寄附に関する注意事項

【寄附受領証明書について】
※寄附受領証明書は随時発送しておりますが、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始などの大型連休の期間中はお手元に届くまで時間を要する場合がございます。
※寄附受領証明書はお礼の品には同封されておりません。別途、発送致します。

【個人情報の取り扱いについて】
1. お寄せ頂いた個人情報は、寄附申込先の自治体が寄附金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
2. お礼の品の確認及び送付等を行うため「申込者情報」及び「寄附情報」等を本事業を連携して実施する株式会社JTBに通知します。
3. 寄附金受領証明書等は「申込者情報」の氏名・住所で発行します。申込者が、税控除を受ける対象者となります。
4. 市町村によって寄附のお礼の仕方は様々です。各自治体のふるさと納税寄附金制度をよくご確認の上、お申込みください。
5. 本年所得について、税の軽減を受ける場合には、寄附金受領証明書等の領収日が本年中であることが必要です。領収日は、クレジットカード決済の場合は「決済日」となります。
6. 大変恐れ入りますが、お申込みいただいた寄附の取り消しはお受けできかねます、ご了承ください。
7. 角田市外在住の個人の方にお礼の品をお贈りします。角田市在住の方にはお礼の品はお贈りできません。

【お問い合わせ】
※お礼の品、寄附金受領証明書等、ふるさと納税全般に関するお問い合わせはこちら

JTBふるさと納税コールセンター
TEL:0120-426-371
営業時間:10:00~17:00 年中無休(1/1~1/3を除く)
※お電話が大変混み合い繋がりにくいこともございますので、ご了承くださいませ。

よくあるご質問・お問い合わせフォーム
https://faq.furu-po.com/helpdesk?category_id=231&site_domain=furusato
※上記コピーしてご検索ください。

角田市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

角田市
〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41番地
時間:時間:10:00~17:00(1/1~1/3を除く)電話番号は委託先電話番号です。
TEL:0120-426-371

メールでのお問合せ
JTBふるぽ ふるさと納税コールセンター:https://faq.furu-po.com/helpdesk?category_id=231&site_domain=furusato

角田市の魅力

  • H-2ロケット実物大模型とスペースタワー

    H-2ロケット実物大模型とスペースタワー

    角田市のシンボルとして、1990年に整備された全長49m、直径4m、H-2ロケットの実物大模型。ロケット実物大模型の隣には、ロケット発射台をイメージした「スペースタワー」(展望塔)があり、市街地はもちろん蔵王連峰まで眺望できます。また、宇宙科学の展示施設「コスモハウス」も整備され、角田市の観光名所となっています。

  • 郷土資料館

    郷土資料館

    郷土資料館は、明治初年から大正年間にかけて、郷土の旧大地主初代と2代目氏家丈吉氏が建築した邸宅を市が譲り受け、整備したものです。材料をはじめ細部の意匠に至るまで手の込んだ仕事がされた書院造りの豪華な邸宅や土蔵が現存し、歴史資料や民族資料、遺跡からの出土品などの考古資料を展示するほか、企画展の開催などが行われます。

  • JAXA角田宇宙センター

    JAXA角田宇宙センター

    角田市内にあるJAXA角田宇宙センターは日本の宇宙用エンジンの研究開発を行っており、日本のロケット開発には欠かせない重要な施設となっております。展示室では、ロケットエンジンの研究開発についてわかりやすく紹介されているほか、実物のロケットエンジンを間近に見ることができ、航空宇宙に少しでも興味のある人にとって楽しめる施設です。

  • 西根田んぼアート

    西根田んぼアート

    西根田んぼアートは、2007年から古代米と集落の活性化を兼ね、10aの田んぼに「バンジーとコスモスの花」を描いたのが始まりです。2019年からは宮城県出身の羽生結弦選手を描き始め、日本各地のみならず、中国や台湾など海外からのファンも足を運ぶなど注目が高まっています。

  • 高蔵寺阿弥陀堂

    高蔵寺阿弥陀堂

    高蔵寺阿弥陀堂は宮城県最古の木造建築で、平安時代の治承元年(西暦1177年)の建立と伝えられています。平安時代の建造物は、現在全国で26カ所しか残っておらず、東北地方では平泉の中尊寺金色堂、福島県白水の願成寺阿弥陀堂とともに、現存する数少ない貴重な文化遺産です。

  • 道の駅

    道の駅

    道の駅かくだは“米・豆・梅・夢・姫のまち角田の新交流拠点”としてOPENいたしました。角田産の魅力あふれる農産物・加工品・飲食メニューをご用意して、訪れるたびに新しい発見があるワクワクする道の駅を目指しています。隣の「かくだスポーツビレッジ」とも連携して、皆さまをお待ちしております。