イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
大分県津久見市

大分県津久見市

おおいたけんつくみし

「甘夏」発祥の地であり、日本最古のみかんの木である「尾崎小ミカン先祖木」があり、みかん栽培を中心に農業が発展してきました。
漁業はミネラル豊富な豊かな漁場で栄え、明治時代から続く保戸島のまぐろ遠洋漁業は全国有数の水揚げ量を誇っていました。

セメント産業で栄えてきたため石灰鉱山の独特な景観を有しており、セメント工場があることから「セメント町」という地名も存在します。
住所にセメント町と記載できるのは日本でもここ津久見と山口県山陽小野田市の2箇所だけというユニークな一面ももっています。

メイン写真
担当者

自治体担当者コメント

津久見市は大分県の南東部に位置し、豊後水道に面した穏やかな街です。
津久見湾の湾口部を囲うようにして半島部の典型的なリアス海岸が伸びており、それを囲うようにして山地が三方から馬蹄型に囲んでいます。
さらに有人離島やみかんの段々畑等、豊かな自然を身近に感じることができます。

  • 【オンラインワンストップ特例申請について】
    津久見市では「自治体マイページ」からのオンラインワンストップ特例申請が可能です。
    オンライン申請を利用すると、申請書の記入や郵送の手間が省けます。
    (紙面での申請受付も継続してご対応しております。)
    マイナンバーカードをお持ちの方は、下記URLよりご利用ください。
    < https://mypg.jp/ >
    ※「自治体マイページ」の利用にはアカウント登録が必要です。

    【年末年始のお知らせ】
    ▶ワンストップ特例申請書の郵送について
     ワンストップ特例申請書の提出期限は、令和 6年 1月 10日(水)まで【必着】です。
     期日までにご提出いただけなかった場合は、ご自身で確定申告を行っていただく必要がありますので、ご注意いただきますようお願いいたします。
     当市からの年末年始のワンストップ特例申請書の発送時期は、次の通りとなります。
     ・12月 27日(水)までに決済完了:年内に発送予定
     ・12月 28日(木)以降に決済完了:令和 6年 1月 4日(木)から順次発送
     年末年始は郵送業務が混みあう為、書類の到着が遅れる可能性があります。
     当市からは上記の通り発送いたしますが、お手元に届いてから期限までの期間が短い為、
     12月 22日(金)以降に決済された場合は申請書をダウンロードいただき、事前にふるさと納税サポートセンターへお送りいただくことをおすすめいたします。
     ※ワンストップ特例申請書のダウンロードURL
       https://www.city.tsukumi.oita.jp/uploaded/attachment/10130.pdf

寄附に関する注意事項

【オンラインワンストップ特例申請について】
津久見市では「自治体マイページ」からのオンラインワンストップ特例申請が可能です。
オンライン申請を利用すると、申請書の記入や郵送の手間が省けます。
(紙面での申請受付も継続してご対応しております。)
マイナンバーカードをお持ちの方は、下記URLよりご利用ください。
< https://mypg.jp/ >
※「自治体マイページ」の利用にはアカウント登録が必要です。

津久見市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

津久見市 津久見市ふるさと納税サポートセンター
〒870-0033 大分県大分市千代町1-3-22
時間:平日9:00~17:15(土・日・祝日・祭日を除く)
TEL:097-507-3016

メールでのお問合せ
tsukumi01@furusato95.jp

津久見市の魅力

  • うみたま体験パーク つくみイルカ島

    うみたま体験パーク つくみイルカ島

    パフォーマンスを見たり、ふれあい体験プログラムに挑戦したり、餌をあげたりできる「つくみイルカ島」はイルカと遊びつくせるオーシャンリゾートです。人気者のペンギンや、たくさんの魚たちなど。海の生き物たちとのお楽しみがてんこ盛り。ここにはきっとあなたの”新体験”が待っています。

  • つくみん公園

    つくみん公園

    津久見インターから車で10分ほど津久見市街地方面へ進んで行くと、左手に突然現れるカラフルで大きなクジラとイルカ。そこは、こどもだけでなく大人も楽しめる場所その名も『つくみん公園』大型遊具に広い芝生広場。近くに港もあり、1日中ゆっくりくつろげる、そんな人気スポットです。

  • 保戸島

    保戸島

    未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選にも選ばれた津久見港から約14キロの豊後水道に浮かぶ島です。島には平地が少なく海岸から山への傾斜面に3,4階建ての住宅がひしめきあい、地中海を連想させる独特の景観をつくっています。

  • WEB社会見学 石灰・セメントのまちつくみ

    WEB社会見学 石灰・セメントのまちつくみ

    津久見市は石灰石の生産量日本でもトップクラスです。良質な石灰石によるセメント産業で栄えてきたため石灰鉱山の独特な景観を有しており、セメント工場があることから「セメント町」という地名も存在します。近年は一般の方がなかなか立ち入ることのできない石灰鉱山の様子や石灰がつくられるまでの様子をVR動画で体験もできます。

  • 津久見のひゅうが丼

    津久見のひゅうが丼

    津久見ひゅうが丼は、明治時代から遠洋漁業の基地として栄えた保戸島の漁師が、過酷な漁の間に手早く栄養が取れるようにと考案された料理です。ひゅうが丼は強い風の吹く船上でも火を使わずに食べられる料理です。その名前の由来は、風の音が「ひゅーひゅー」と聞こえることからこの名が付いた等の諸説あります。

  • 日本の心が育つ街

    日本の心が育つ街

    市の中心部には公共施設や商業施設、金融機関など生活に必要な施設が集積しており、コンパクトな街が形成されています。各地区では今も地区独自のお祭りが催されており、小さなお子さんが伝統芸能を継承すべく参加して盛り上げます。
    都市部ではできない「津久見らしい“ゆとりある生活”」をおくれる街です。

応援コメント

津久見市によく遊びに行ってます。
少しでも貢献できればと思います。

女性:50代投稿日:2023年12月6日 23:42

大分県津久見市

津久見市の
おすすめの返礼品