イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!

重要なお知らせ

2024年5月20日
システムメンテナンスのお知らせ
ひょうごけん にしわきし
兵庫県 西脇市

『醸し人九平次 「human」「山田錦」「彼の地」(各720ml)』セット ~西脇市産山田錦使用日本酒(純米大吟醸)~-[34-12]

寄附金額
34,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
34,000
数量

返礼品の特徴

~最良の原料を求めて、山田錦の名産地西脇市に蔵人が移り住み、自らお米を育てている萬乗醸造の「醸し人九平次」シリーズ。~

【醸し人九平次 山田錦 EAU DU DESIR】
EAU DU DESIRとは「希望の水」という意味です。
<TASTING NOTE>
小ぶりなメロン、熟す直前の桃、そしてクミン等のスパイスの香。熟す直前の果実のニュアンスとエキゾチックな香り、様々な要素を内包しています。
口にすると香りとは一転、層の厚さに圧倒されます。苦み、旨味、酸味。幾重にも折り重なった味。果実の熟した旨味に加えて柑橘を少し絞ったような苦みがアクセントになり、酸味が味全体を下支えして余韻へと繋がります。
層の厚さも山田錦という品種と、品種個性を余すことなく引き出してこそ。そしてこの層の厚さが様々なお料理とのペアリングを可能にします。

【human】
男性でも女性でもない。国境や民族や文化でもない。そんな、すべての境界を飛び越えていける日本酒でありたい。
<TASTING NOTE>
香りはもぎたてのグレープフルーツなどの柑橘、リンゴ、そしてホワイトペッパー。繊細な印象です。スワリングすると一転、熟したメロンの香り、ボタニカルの要素も感じます。
口にすると旨味とともに心地よい苦みが広がり、苦みからは和のエッセンスを感じます。非常に繊細かつ滑らかな味わい、柔らかさも感じます。
味わいの中に抑揚を感じ、1本を長時間にわたって楽しむことができます。時間や酒器による味の変化、皆様の手でご自由にお楽しみください。

【醸し人九平次 彼の地】
皆様を遥か彼方へお連れしたい。そんな思いを込めました。
<TASTING NOTE>
洋ナシ、イチゴのなどもぎたてのフレッシュな果実、白い花に加えほのかにホワイトペッパーなどのスパイスのニュアンス、そしてボタニカルの要素もしっかりと感じます。
柔らかなアタック。香りと共通する果実のフレッシュさを感じつつ、余韻に残る酸が心地良いです。甘さが主体でなければ、酸が主体でもない。料理と合わせたいバランスの良さです。
時間の経過と共にアタック、特に旨味が力強くなり、余韻も長くなります。まだまだフレッシュ、味わいの要素がギュッと詰まっているため熟成するポテンシャルを感じます。
複数年にわたり良き熟成を見せます。ぜひお米のビンテージ違いでお楽しみください。

※「醸し人九平次」は、2010年から西脇市黒田庄町で、スタッフ自ら山田錦を育てており、その西脇市との関係性ゆえに、本来、限定流通品を、特別にふるさと納税返礼品として組込む事が、出来ております

返礼品の詳細

提供元
株式会社萬乗醸造
配送
冷蔵
配送注記
お届け予定:ご入金の翌月中旬頃から順次発送予定ですが、入荷状況により遅延する場合がございます。ご了承ください。
内容量
「醸し人九平次 human」
「醸し人九平次 山田錦 EAU DU DESIR」
「醸し人九平次 彼の地」(各720ml)
返礼品注記
※お酒を開封する際、栓が飛ぶ場合がありますので、ご注意ください。
※商品コード: 34-12

寄附に関する注意事項

寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。
また、寄附者の都合により返礼品がお届けできない場合、返礼品の再送はいたしません。あらかじめご了承ください。

西脇市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

西脇市 
〒677-8511 兵庫県西脇市下戸田128-1
8:30~17:15
TEL:0795-22-3111

メールでのお問合せ
furusato-kifu@city.nishiwaki.lg.jp

この自治体について

兵庫県西脇市

ひょうごけん にしわきし兵庫県 西脇市

西脇市は兵庫県のほぼ中央部、東経135度と北緯35度が交差する「日本のへそ」に位置しています。
中国山地の東南端が播磨平野に接する地点にあり、西光寺山(標高712.9メートル)を最高峰に標高200~600メートルの山地や丘陵に囲まれています。 
中央部を県下最長の加古川が流れ、市域南部で杉原川、野間川と合流しており、これらの河川沿いに開けた平野部に集落や農地が形成されています。

古くから「播州織」や「播州釣針」の産地として栄えてきました。神戸ビーフの素となる「黒田庄和牛」や酒造好適米の代表である「山田錦」などは、全国的にも高い評価を得ており、有機土壌化の推進など農業振興にも力を注いでいます。
近年では、高校駅伝の強豪校であり、平成25年には甲子園への初出場を成し遂げた県立西脇工業高校が存するまちとしても知られています。