イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
ひょうごけん にしわきし
兵庫県 西脇市

【血圧が気になるあなたに!機能性表示食品】 霧のGABAトマト 300g×4パック 兵庫県 西脇市 霧のいけうち トマト 野菜 青果 希少 GABA 甘い 甘味 酸味-[07-25]

寄附金額
7,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
7,000
数量

返礼品の特徴

霧の噴霧器のメーカー「いけうち」が作る霧のトマト。
味がおいしいのはもちろんですが、ストレス軽減、血圧の上昇を抑える機能があるといわれているGABAを含んだトマトが登場しました。

食味の良い中玉トマト品種「フルティカ」を、セミドライフォグ噴霧水耕システム「IKEUCHIPonics(イケウチポニックス)」で栽培することによりGABA機能性を付与、「霧のGABA(ギャバ)トマト」として機能性表示食品の届出を行い、消費者庁に受理されました。
「IKEUCHIPonics」は養液を微細な霧(セミドライフォグ,平均粒子径約30μm以下)にして根域に充満させる新しい栽培システムです。緻密なストレス管理を通じて、野菜の機能性成分を安定的に増加させることが可能です。

【GABAってなに?どんな効果があるの?】
GABAとは、γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)のことをいいます。
人の体内に普段から存在しているアミノ酸のひとつです。
GABAは、特に脳や脊髄で精神を安定させる抑制性の神経伝達物質で、交感神経の働きを抑制して、興奮した神経を落ち着かせたり、ストレスを緩和したり、睡眠の質を整えたりする効果があります。

GABAにはこんな効果があると言われています!
・ストレスを軽減する
・血圧の上昇を抑える
・睡眠の質を整える
・中性脂肪を低らす

返礼品の詳細

提供元
株式会社いけうち
配送注記
受付期間:通年
お届け予定:ご入金確認後、1カ月前後を目途にお届けします。
内容量
「霧のGABAトマト」(300g×4パック)
※機能性関与成分:GABA 6.15mg
返礼品注記
【届出表示】
本品にはGABAが含まれています。GABAを12.3㎎/日摂取すると、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。本品を可食部27g(1~2個)食べると、機能性が報告されている1日当たりのGABAの量の50%を摂取できます。
一日摂取目安量:1日1~2個(可食部27g)を目安にお召し上がりください。機能性が報告されている1日当たりのGABAの量の50%を摂取できます。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
・摂取上の注意:多量に摂取することにより疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。降圧剤等を服用している方は医師、薬剤師にご相談ください。
・本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
・本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
・GABAの含有量が一定範囲に収まるよう栽培・出荷の管理を実施しています。しかし、本品は生鮮食品であるため気象等の影響により、表示値を下回る場合があります。
※商品コード: 07-25

寄附に関する注意事項

寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。
また、寄附者の都合により返礼品がお届けできない場合、返礼品の再送はいたしません。あらかじめご了承ください。

西脇市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

西脇市 
〒677-8511 兵庫県西脇市下戸田128-1
8:30~17:15
TEL:0795-22-3111

メールでのお問合せ
furusato-kifu@city.nishiwaki.lg.jp

この自治体について

兵庫県西脇市

ひょうごけん にしわきし兵庫県 西脇市

西脇市は兵庫県のほぼ中央部、東経135度と北緯35度が交差する「日本のへそ」に位置しています。
中国山地の東南端が播磨平野に接する地点にあり、西光寺山(標高712.9メートル)を最高峰に標高200~600メートルの山地や丘陵に囲まれています。 
中央部を県下最長の加古川が流れ、市域南部で杉原川、野間川と合流しており、これらの河川沿いに開けた平野部に集落や農地が形成されています。

古くから「播州織」や「播州釣針」の産地として栄えてきました。神戸ビーフの素となる「黒田庄和牛」や酒造好適米の代表である「山田錦」などは、全国的にも高い評価を得ており、有機土壌化の推進など農業振興にも力を注いでいます。
近年では、高校駅伝の強豪校であり、平成25年には甲子園への初出場を成し遂げた県立西脇工業高校が存するまちとしても知られています。