イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!

重要なお知らせ

2024年5月20日
システムメンテナンスのお知らせ
ほっかいどう つきがたちょう
北海道 月形町

北海道産ゆめぴりか10kg・北海道月形産ななつぼし5kg+『月形まんまるトマト』8本-[57830480]

寄附金額
29,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
29,000
数量

返礼品の特徴

人気のお米2種「ゆめぴりか」と「ななつぼし」とトマトジュースのセットです。
北海道産ななつぼしは12年連続(2010年産~2021年産)で特Aランクを獲得、北海道産ゆめぴりかは、11年連続(2011年産~2021年産)で特Aランクを獲得しています。
ゆめぴりかは、ほどよい粘りと甘み、やわらかさ、そしてつややかな炊きあがりの美しさを持つ北海道米の最高峰「ゆめぴりか」は、まさに、ごはんそのものがご馳走になるお米です。月形産のななつぼしは、つや、粘り、甘みのバランスが抜群。冷めてもおいしさが長持ちし、お弁当、お寿司に人気です。
まんまるトマトは、月形町産「桃太郎」だけを使用した「食塩無添加」のトマトジュースです。太陽をいっぱい浴び、甘くてフルーティな味わいです。

<お米ランキング 特Aとは?>
米の食味ランキングは、日本米穀検定協会により食味官能試験が実施され、その結果が毎年2月に公表されています。外観、香り、味、粘り、硬さ、総合評価の6項目について、実際に試食した際の感覚的な総体評価を行うものです。
★北海道産の「ななつぼし」「ゆめぴりか」は、最高評価の特Aランク獲得しています★

返礼品の詳細

提供元
株式会社 エーコープつきがた
配送
常温
内容量
北海道産ゆめぴりか5kg×2袋
月形産ななつぼし5kg×1袋
月形まんまるトマト×8本
返礼品注記
※画像はイメージです。
※寄付申込からお届けまで3~4週間程度かかる場合がございますので、あらかじめご了承願います。
※精米所及び梱包作業等の都合により、精米後お届けまで1~2週間程度かかる場合もございます。
※申込多数の場合、発送が遅れてしまう事があります。ご了承願います。
※お米は野菜と同じ生鮮食品ですのでお早目にお召し上がりください。
※お米の保存につきましては、できる限り冷蔵保管願います。冷蔵が無理な場合は温度・湿度の低い暗い風通しの良い場所で保管願います。お米の保存期限につきましては、夏季:2週間、夏季以外1ヶ月以内が目安となります。
※商品名に記載の特Aは、商品そのものの評価ではありません。
※商品コード: 57830480

寄附に関する注意事項

■ふるさと納税の対象となる地方団体の指定について
 月形町はふるさと納税の対象団体として、総務大臣から指定を受けております。
寄附をいただいた場合は、税制上の特例控除を受けることができます。
■個人情報の取り扱いについて
 お寄せいただいた個人情報は、寄附金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
 また、お礼の品の確認及び送付等を行うため「申込者情報」及び「寄附情報」等を本事業を連携して実施するレッドホースコーポレーションに通知します。
■お礼の品について
 月形町内在住者の方につきましては、お礼の品は発送されません。あらかじめご了承ください。
 お申込みいただける寄附回数に制限はございません。何度寄附をいただいても、その都度寄附金額に応じたお礼の品を贈呈します。
■寄附金受領証明書について
 寄附金受領証明書は「申込者情報」の氏名・住所で発行します。
 尚、寄附金受領証明書の再発行は対応できかねますのでご注意ください。
■一時所得について
 お礼の品の合計が50万円を超えた場合、または他の一時所得の金額との合計が50万円を超えている場合は、ふるさと納税のお礼の品は一時所得として課税されます。

月形町 ふるさと納税についてのお問い合わせ

月形町 ふるさと納税商品お問合わせセンター
〒061-0592 北海道北海道樺戸郡月形町1219番地(月形郵便局私書箱第2号)
TEL:0120-977-050

メールでのお問合せ
kikaku@town.tsukigata.hokkaido.jp

この自治体について

北海道月形町

ほっかいどう つきがたちょう北海道 月形町まんまるはーと 月形町

歴史と自然のまち「つきがた」
 月形町は札幌市から車で1時間程度の北東に位置し、内務省御用掛権少書記官から樺戸集治監(明治14年~大正8年)の初代典獄に任ぜられた月形潔氏の姓を取り、明治14年7月1日、空知支庁管内第1号の村として誕生しました。
 樺戸集治監は、明治維新後の新政府が全国多数の国事犯や重罪犯を収容するために、全国で3番目、北海道では最初にシベツブト(現在の月形町)に設置されました。
 この集治監の囚人による農地開墾や道路開削などが礎となり、今日の月形町があります。
月形町は樺戸集治監の設置とともに誕生し、石狩川を母なる川として、肥沃な耕地と自然環境に恵まれた静かな農村として発展してきました。
 基幹産業は農業で、昭和40年代半ばには、それまで稲作中心であった農業に花き栽培が導入され、現在ではメロンやスイカ、トマト、カボチャなどの果菜や野菜の栽培も盛んに行われています。
 ふるさと納税で月形町を応援してくださった方へ、月形町自慢の品を堪能していただきたいと思います。