イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
ふくおかけん なかまし
福岡県 中間市

九州産うなぎ蒲焼4尾 秘伝つゆだくタレ付 中間老舗鮮魚店の味【001-0016】-[001-0016]

寄附金額
35,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
35,000
数量

返礼品の特徴

温度変化が少なく、豊富に湧出する地下水を活用し、水質と温度、飼料を厳密に管理して育てた厳選・上質な九州産うなぎを使用しております。
創業昭和21年、中間市の老舗マル五「辻鮮魚店」のウナギ蒲焼は、毎年丑の日には多くの皆様にお買い求めいただいております。
自慢の特製タレは、中間市に炭鉱があった頃からある、秘伝のうなぎ蒲焼タレです。
濃厚で甘口の九州醤油をベースにしたタレを使用し、じっくり丁寧に蒲焼にしました。
九州産のウナギを1尾ずつ、じっくり丁寧に焼きあげました。こってり甘口の九州醤油ベース秘伝蒲焼タレをたっぷりご使用ください。
冷凍で発送致しますが、添付の「あたため方説明書」のとおりに電子レンジまたは、フライパンを使って加熱していただくと、
うな重、ひつまぶし等でふっくら美味しくお召し上がりいただけます。
「うなぎ蒲焼の美味しい食べ方」説明書レシピを同封いたします。

※画像はイメージです。

【原材料】
うなぎ蒲焼:うなぎ(九州産)、しょうゆ、砂糖混合異性化液糖、発酵調味料、水あめ、砂糖、うなぎエキス、酒精、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、アナトー)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
蒲焼たれ:しょうゆ、砂糖混合異性化液糖、発酵調味料、水あめ、砂糖、うなぎエキス、酒精、増粘剤(加工澱粉、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、アナトー)、(原材料の一部に小麦、大豆を含む)

【アレルギー】
小麦、大豆

【保存方法】
要冷凍(‐18℃以下)で保存してください。

【注意事項】
※うなぎには小骨がありますので、注意してお召し上がり下さい。
※製造時期や焼き加減によりまして大きさが多少異なります。
※うなぎの開き方(背開き、腹開き)は選べません。焼き方は関西風(西日本)ですので頭が付いています。
※贈呈用の化粧箱などはございません。
※山椒は付いておりません。

【原産地・加工地】
原産地:九州産
加工地:福岡県中間市

【注目キーワード】
惣菜 うなぎ 鰻 蒲焼き うな重 ひつまぶし 簡単調理 冷凍 九州産

【賞味期限】
すべて90日
※開封後は要冷蔵で5日以内にお召し上がりください。

【提供元】
株式会社マル五

【地場産品基準のうち該当する類型:3】
上記類型に該当する理由:中間市内の事業所で製造、加工を行っています。

返礼品の詳細

提供元
株式会社マル五
配送
冷凍
配送注記
ご入金確認後30営業日以内
内容量
うなぎ蒲焼(約160g〜200g×4尾)
蒲焼たれ(55g×8個)
すべての加工地:福岡県中間市

寄附に関する注意事項

【返礼品の配送について】
・配送は生産者から直送でお届けいたします。
・お申し込みから30営業日以内を目途に発送を予定しておりますが、季節ものや予約品などの一部の品物は、別途配送期日を設けております。必ず、返礼品ページにて配送期日の確認をお願いいたします。
※発送時には通知メールをお送りします。
・お申し込み後の返礼品の変更は受け付けておりません。
また、長期不在等により返礼品をお受取りいただけなかった場合、再発送はできかねますので、ご不在期間がある場合は、事前にご連絡くださいませ。
・お申し込み後のキャンセルは原則として行っておりません。 寄附者様都合にて、やむを得ずキャンセルとなった場合は、返金処理のため手数料をご負担いただく場合がございます。

中間市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

中間市 ふるさと納税サポート室
〒809-8501 福岡県中間市中間一丁目1番1号
9:00~18:00(土日祝、年末年始を除く)
TEL:050-5530-0270

メールでのお問合せ
support@nakama.furusato-lg.jp

この自治体について

福岡県中間市

ふくおかけん なかまし福岡県 中間市

福岡県北部の北九州地域と筑豊地域の両方に接するところに中間市はあります。かつては産炭地の一角をなし、市の中央を流れる遠賀川の水運によって栄えた炭鉱のまちでした。
 昭和30年代以降、隣接する北九州市のベッドタウンとして開発がすすみ、今では、市内の人口の9割が生活する住宅地の「川東」と往時の面影を残す田園風景がのどかな「川西」の今昔の風景が共存しています。
 平成30年に市制施行60周年を迎え、中間市は遠賀川とともに新たな歩みを始めました。世界遺産「遠賀川水源地ポンプ室」をはじめ、九州最大の中州である自然豊かな「中島」、市内外から人が集うイベントや季節を彩る河川敷の風景など、遠賀川を活用したまちづくりを進めています。
 わたしたち中間市は、16平方キロメートルの小さなまちです。小さなまちだからできることを、みんなで取り組んでいきたいと思っています。中間市が「今」頑張っていることを、ぜひご覧ください。