イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
ほっかいどう つきがたちょう
北海道 月形町

北海道 月形町産 ミニトマト キャロル10 3kg トマト 野菜 夏野菜 旬 生 完熟 甘い プチ トマト フルーツ 採れたて 新鮮 産地直送 お取り寄せ 自家用 ギフト JA 月形町農業協同組合 送料無料-[57830316]

寄附金額
13,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
13,000
数量

返礼品の特徴

【お届け:2024年8月上旬~8月末頃まで】
北海道月形町から、高糖度ミニトマト「キャロル10」をお届けします!

◆濃厚であま~い!フルーツのようなミニトマト
北海道月形町のトマト農家さんが、丹精込めて育てました。
太陽をいっぱい浴びて育ったミニトマトは、
真っ赤に色づき、ツヤツヤと光沢があるのが特徴。
味は濃厚で甘く、さっぱりとした酸味がたまらない!
味の美味しさはもちろん、見た目も美しいミニトマトです。

◆キャロル10とは?
高糖度なミニトマトの品種の一つ。
平均糖度は9度以上と言われています。
味の濃いミニトマトで、程よい酸味があり、さっぱりとした口当たりです。
果実が肉厚なのに対して、皮が薄いため、口に残りづらいのが特徴。
食べやすいのでパクパクつまめるのが嬉しい!
サラダやお料理にはもちろん、おやつ感覚でもお召し上がりいただけます。

《おススメの食べ方》
サラダの彩りに添えるのはもちろん、
おやつやおつまみに素材の味を味わう他に、
半分に切ってオリーブオイルで焼いて岩塩をかければ立派な一品料理に♪

1箱、約3kgたっぷりお届けしますので、
トマトジュースやトマトソース、アヒージョなど
様々なアレンジでお召し上がりください。


【月形町について】
北海道「空知エリア」に位置する月形町。
樺戸連山と石狩川が流れる間に田園風景が広がります。
石狩川がもたらす肥沃な大地で稲作を中心に
メロン、スイカ、トマトなどを栽培しています。

返礼品の詳細

提供元
月形町農業協同組合
配送
冷蔵
配送注記
受付期間:2024年7月31日まで
お届け予定:2024年8月上旬~8月末頃まで
内容量
キャロル10 約3kg 1箱
返礼品注記
※画像はイメージです。
※天候や発育によりお届けが遅れる、又は早まることがあります。
※発送については出荷期間順次お届けとなりますので、ご要望に添えられない場合がございますので予めご了承ください。
※お届けにつきましてはメールにてご案内させて頂きます。
※ご到着後は、お早目にお召し上がり下さい。
※商品コード: 57830316

寄附に関する注意事項

■ふるさと納税の対象となる地方団体の指定について
 月形町はふるさと納税の対象団体として、総務大臣から指定を受けております。
寄附をいただいた場合は、税制上の特例控除を受けることができます。
■個人情報の取り扱いについて
 お寄せいただいた個人情報は、寄附金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
 また、お礼の品の確認及び送付等を行うため「申込者情報」及び「寄附情報」等を本事業を連携して実施するレッドホースコーポレーションに通知します。
■お礼の品について
 月形町内在住者の方につきましては、お礼の品は発送されません。あらかじめご了承ください。
 お申込みいただける寄附回数に制限はございません。何度寄附をいただいても、その都度寄附金額に応じたお礼の品を贈呈します。
■寄附金受領証明書について
 寄附金受領証明書は「申込者情報」の氏名・住所で発行します。
 尚、寄附金受領証明書の再発行は対応できかねますのでご注意ください。
■一時所得について
 お礼の品の合計が50万円を超えた場合、または他の一時所得の金額との合計が50万円を超えている場合は、ふるさと納税のお礼の品は一時所得として課税されます。

月形町 ふるさと納税についてのお問い合わせ

月形町 ふるさと納税商品お問合わせセンター
〒061-0592 北海道北海道樺戸郡月形町1219番地(月形郵便局私書箱第2号)
TEL:0120-977-050

メールでのお問合せ
kikaku@town.tsukigata.hokkaido.jp

この自治体について

北海道月形町

ほっかいどう つきがたちょう北海道 月形町まんまるはーと 月形町

歴史と自然のまち「つきがた」
 月形町は札幌市から車で1時間程度の北東に位置し、内務省御用掛権少書記官から樺戸集治監(明治14年~大正8年)の初代典獄に任ぜられた月形潔氏の姓を取り、明治14年7月1日、空知支庁管内第1号の村として誕生しました。
 樺戸集治監は、明治維新後の新政府が全国多数の国事犯や重罪犯を収容するために、全国で3番目、北海道では最初にシベツブト(現在の月形町)に設置されました。
 この集治監の囚人による農地開墾や道路開削などが礎となり、今日の月形町があります。
月形町は樺戸集治監の設置とともに誕生し、石狩川を母なる川として、肥沃な耕地と自然環境に恵まれた静かな農村として発展してきました。
 基幹産業は農業で、昭和40年代半ばには、それまで稲作中心であった農業に花き栽培が導入され、現在ではメロンやスイカ、トマト、カボチャなどの果菜や野菜の栽培も盛んに行われています。
 ふるさと納税で月形町を応援してくださった方へ、月形町自慢の品を堪能していただきたいと思います。