イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
ひょうごけん にしわきし
兵庫県 西脇市

ファッションブランド「hatsutoki」クーポン券(15,000円分)-[50-20]

寄附金額
50,000
数量
50,000
数量

返礼品の特徴

西脇発のブランド”hatsutoki”の公式ONLINE STOREでお使いいただけるクーポンです。
播州織の産地、西脇市で生まれたブランド”hatsutoki”の上質な服やストールなどお好きな製品の購入の際にご利用頂けます。
美しい水から生まれる、奥行きのある色味、西脇の技術があってこそ、織り上げることができる、繊細な質感が特徴の製品が揃っています。

【はじめて触れる感動】
繊細な糸が美しい色に染まり
織り上がった生地が出来上がるまでには
多くの人たちの手や心が通されます
その生地の反物をはじめて解(と)く時
ものづくりへの無限の可能性が生まれます
はじめての感動をそのまま伝えたい
そんな思いからhatsutokiは生まれました

【日々の風景から、生まれる】
倉庫に眠っている古い見本
工場の奥で埃をかぶっている道具
職人さんの言葉の端々
そして自然豊かな美しい景色
新しい発見はいつも近くにあり
そのひとつひとつにアイデアの原石を見つけます
自分たちの目線で産地をしっかりと感じることから
hatsutokiのものづくりは始まります

【よい関係から、よい服を】
清冽で豊かな水に恵まれた産地では
糸、染め、織り、それぞれに熟練の職人が揃い
私たちのものづくりに共感し協力してくれます
hatsutokiは特別に細い糸を使い
繊細な色合い、大胆な柄使い、そして風合いに
こだわった生地で服づくりをしています
「これが本当にコットン?」
とろけるような肌ざわりを一度味わってみてください

【島田製織株式会社】
播州織は、兵庫県北播磨地区で200年以上の歴史を持つ、綿を中心とした薄手の織物です。
糸を染めてから織る “先染め” 製法を得意とします。
シャツ生地が主で、ギンガムチェックやストライプの先染め生地のシャツを見たら、産地の人々は「播州織かな」と連想するほどです。
工場を持たない私たちは、産地にある染色(糸染め)、整経(糸準備)、製織(織り)、仕上げ加工(風合い)の工場の方々と協力して、ものづくりを80年間続けてきました。
産地では現在、他の価値ある伝統技法と同様、規模縮小の危機を迎えています。
私たちは自ら企画し、関係会社の方々と話し合い、産地全体がチームとして問題に取り組むことで、未来に技術を残すことができると考えています。
私たちは、hatsutokiの活動を通して、播州織産地の未来を守っていきます。

返礼品の詳細

提供元
hatsutoki
配送注記
お届け予定:入金確認後の2週間以内を目途にクーポンコードを発行し、メールにてご連絡いたします。
内容量
hatsutoki公式ONLINE STOREでご利用いただけるクーポン(15,000円分)

※【注意事項】を必ずご確認ください。
返礼品注記
【注意事項】
・ご寄附の入金確認後に、クーポンコードをメールにて発行します。必ずご連絡の取れるメールアドレスをご登録ください。2週間以内にメールが届かない場合、迷惑メールやE-mailのエラーなどの可能性もございますので、お手数ですがお問い合わせください。

・下記リンク内の対象商品(*hatsutokiの播州織関連の商品全て)の購入時にご利用いただけるクーポンコードです。hatsutoki公式ONLINE STOREで購入する際に、クーポンコード欄に発行されたクーポンコードをご記入ください。
https://shop.hatsutoki.com/collections/furusato

・クーポンの利用期限は発行から1年です。

・クーポンの併用はできません。

・クーポンのご利用は一度きりとなっており、クーポン金額に満たない決済の場合でも返金は承れませんのでご注意ください。
※商品コード: 50-20

寄附に関する注意事項

寄附申込みのキャンセル、返礼品の変更・返品はできません。
また、寄附者の都合により返礼品がお届けできない場合、返礼品の再送はいたしません。あらかじめご了承ください。

西脇市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

西脇市 
〒677-8511 兵庫県西脇市下戸田128-1
8:30~17:15
TEL:0795-22-3111

メールでのお問合せ
furusato-kifu@city.nishiwaki.lg.jp

この自治体について

兵庫県西脇市

ひょうごけん にしわきし兵庫県 西脇市

西脇市は兵庫県のほぼ中央部、東経135度と北緯35度が交差する「日本のへそ」に位置しています。
中国山地の東南端が播磨平野に接する地点にあり、西光寺山(標高712.9メートル)を最高峰に標高200~600メートルの山地や丘陵に囲まれています。 
中央部を県下最長の加古川が流れ、市域南部で杉原川、野間川と合流しており、これらの河川沿いに開けた平野部に集落や農地が形成されています。

古くから「播州織」や「播州釣針」の産地として栄えてきました。神戸ビーフの素となる「黒田庄和牛」や酒造好適米の代表である「山田錦」などは、全国的にも高い評価を得ており、有機土壌化の推進など農業振興にも力を注いでいます。
近年では、高校駅伝の強豪校であり、平成25年には甲子園への初出場を成し遂げた県立西脇工業高校が存するまちとしても知られています。