イオンマークのカードをご利用なら、WAON POINTいつでも基本の10倍!
いばらきけん ばんどうし
茨城県 坂東市

No.712 乾塩ベーコンブロック(約500g)-[712]

寄附金額
17,000

イオンマークのカードでWAON POINT基本の10倍!

数量
17,000
数量

返礼品の特徴

山西牧場でも一番人気の乾塩ベーコン。
素材と製法にこだわり抜いて
「時間」「手間」「収量」一つ一つが贅沢な仕上がりになっております。

塩を直に擦り込み、じっくり寝かせ直火式の窯で燻製。漬け込みから2週間かけて丁寧に仕上げたベーコンはたくさんのお客様に愛されています。

【素材について】
山西牧場の自社農場で育った豚バラ肉を使用。
自社指定配合の穀物飼料を液体給餌方式(リキッドフィーディングシステム)で肥育しており
柔らかくも旨味がしっかり、そして何より脂がサラッとしていてもたれないことから「飲める脂」と呼ばれています。

【製法について】
通常、ベーコンは調味液(ピックル液)を注射して作ります。
すると、注射されることにより収量が増え、味の浸透が早くなる利点があります。
現在のベーコンのほとんどはこの作り方。
それに対して乾塩ベーコンは「乾塩法」という作り方。
乾塩、という名の通り調味液ではなく塩をそのまま使います。
職人さんがバラ肉に塩を刷り込んで、じっくり寝かせる形で塩漬けします。

すると手間はかかり、水分が抜けて収量は減り、味が染み込むまで時間がかかる。
これだけ聞くと非効率に感じるかもしれません。
しかし、じっくりと水分が抜けて味が浸透していくことで
お肉の質感そのままに、脂の旨味がぎゅっと凝縮され上質な味わいを楽しめる。

まさに「素材の良さ」を引き出す昔ながらの製法です。
今では少なくなってしまった作り方ではありますがこの製法でできたベーコンに感銘を受け、現在乾塩ベーコンを知っていただくべくお作りしています。

【食べ方のお勧め】
お好きな厚みや形にカットしてお楽しみください。
・乾塩ベーコンはお肉の質感を味わえるからこそカリカリにしすぎないのがベストです。焼きすぎに注意してください。
・焼いた際に出る脂は旨味が詰まっており、チャーハンや炒め油にしても香りよく旨味を楽しんでいただけます。是非捨てずに美味しくお使いください。

薄切りにした場合
アスパラベーコンなど、食材に巻くもよし(おもちや椎茸、ナスなどにもおすすめです)
ベーコンエッグやトースト、サンドに合わせても抜群の相性です。
ご飯に合うように甘すぎず、程よい塩気の味わいなのでベーコンエッグ丼などにも。

厚切りの場合
何よりもパスタをお勧めします。
カルボナーラ、アマトリチャーナ、ペペロンチーノなど、どれに合わせても感動的な味わいに。
いつものパスタがぐっと美味しくなります。
他にはジャーマンポテトにしたり、お野菜と炒めると良い仕上がりに。冬にはポトフやオニオングラタンスープは旨味と香りがしっかり。具材にもぴったりです。
しっかりとした食感を楽しめる厚みです。

本返礼品の主要な部分は、坂東市にて生産、製造または加工したものが占めております。

#検索キーワード : お肉 こだわり 豚バラ肉 茨城県

返礼品の詳細

配送
冷凍
配送注記
通年
内容量
【内容】
約500g×1P

賞味期限:製造日より1年
提供元:株式会社山西牧場
返礼品注記
-18℃以下で保存
必ず冷凍庫で保存し、早めにお召し上がりください。
お召し上がりの際は冷蔵庫で解凍し、加熱してお召し上がりください。

寄附に関する注意事項

【注意喚起】ふるさと納税の「詐欺サイト」「偽サイト」にご注意ください。
ふるさと納税の返礼品などの情報を不正にコピーし、寄附金額を割引した様に見せかける詐欺サイトが確認されています。
本市のふるさと納税は、本サイトよりお申し込み頂きます様、お願い申し上げます。
また、怪しいと感じられた場合は、お申し込みをされる前に、必ずご確認頂く等、悪質な詐欺には十分ご注意ください。

※お寄せいただいた個人情報は、茨城県坂東市が寄附金の受付及び入金に係る確認・連絡等に利用するものであり、それ以外の目的で使用するものではありません。
※入金確認後のキャンセルは原則認められませんので、あらかじめご了承ください。

坂東市 ふるさと納税についてのお問い合わせ

坂東市 坂東市ふるさと納税センター
〒306-0692 茨城県坂東市岩井4365番地
午前10時~午後5時(土・日・祝除く)
TEL:0800-170-8069

メールでのお問合せ
bando@citydo.com

この自治体について

茨城県坂東市

いばらきけん ばんどうし茨城県 坂東市みんなでつくる やすらぎと生きがい 賑わいのある都市 坂東

坂東市は、平成17年3月22日に岩井市と猿島町が合併して誕生した水と緑につつまれた自然豊かな田園都市です。

茨城県の南西部に位置し、利根川を挟んで千葉県野田市と接し、茨城県への玄関口となっています。首都50km圏に位置し、全域が首都圏近郊整備地帯に指定されています。
中心部は猿島台地と呼ばれる平坦な台地で、田・畑地が広がるなか多くの平地林や白鳥の飛来で有名な菅生沼など、良好な自然が残されています。
主要な産業である農業では、温暖な気候と首都圏への地理的条件を生かして生鮮野菜の栽培が盛んです。
気候に恵まれほとんどの野菜が栽培されていますが、 特に、レタス、夏ネギは茨城県の銘柄指定産地を受けるブランド品として市場でも人気となっています。
また、生糸とともに江戸末期から 明治初期にかけて重要な輸出品目の一つに数えられたさしま茶も香りが強くコクがあると評判です。